会長所信

2019~20年度 稲沢ロータリークラブ
会長 山脇 敏夫

2019-2020年度国際ロータリー会長マーク・ダニエル・マローニー氏はRIテーマとして『ロータリーは世界をつなぐ』を掲げられました。これまで何世代ものロータリアンにインスピレーションを与えてきた奉仕と友情の精神で次年度に取り組みましょう。奉仕・友情そしてコミットメントを通じて「ロータリーは世界をつなぐ」という確信を胸に、と提唱されています。

国際ロータリー2760地区2019-2020年度ガバナー伊藤靖祐氏は地区方針として「グローバルに考え、地域社会とつながりロータリーを成長させよう」とされています。その為にはポスト平成のロータリークラブに「知的多様性」と「革新的柔軟性」を求められています。

当クラブも新しい令和の時代の幕開けと共に令和ゆかりの梅(枝垂れ)が記念植樹され、創立60年への歩みが始まります。こうした時期に何が出来得るのか、甚だ覚束ない思いでありますが会員諸賢のお考えに耳を傾けながら愉快な明快なる会の発展に寄与した参りたく存じます。

何卒、格段のご協力をよろしくお願いいたします。


会長方針

万機公論に決すべし

行事予定表

会長所信

2019~20年度会長 山脇 敏夫

2019~20年度会長 山脇 敏夫