会長所信

2018~2019年度 稲沢ロータリークラブ
会長 小島 洋一

稲沢ロータリークラブ2018-19年度会長を務めるに当たり、55年間の歴史の重みを痛感しております。これまで続けられてきた諸先輩方の思いをしっかりと受け止め、微力ながら誠心誠意この重職を全うしてまいる所存であります。

RI会長のバリー・ラシン氏(バハマ)は「インスピレーションになろう(BE THE INSPIRATION)」とテーマを掲げられました。また、2760地区ガバナーの村井總一郎氏(豊橋RC)は「あなたの街でロータリーを!あなたの街からロータリーを!」―ロータリーの奉仕の理念を学び、奉仕の実践をしよう―との地区活動方針を打ち出されました。

「ともに前へ」―ロータリーを考え、楽しく実践しよう―

一つの節目である55周年を迎える本年、これまでの歴史と伝統をしっかりと踏まえつつ、これからも永続的に発展できるクラブであるよう、みんなでロータリーを考え、楽しみながら実践をしていきたいと考えています。

一人ひとりが誰かのインスピレーションになって、さらに地域のインスピレーションになれる、そんなクラブであるよう、皆様のご支援・ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

みんなで達成感を体感し、歓び合える一年を創ってまいりましょう。


会長方針

「ともに前へ」

―ロータリーを考え、楽しく実践しよう―

行事予定表

会長所信

小島 洋一

2018~19年度会長 小島 洋一