会長所信
会長 後藤 啓行

2021-22年度 稲沢ロータリークラブ
会長 後藤 啓行

2021―2022年度 RI会長 シェカール・メータ氏はRIテーマとして、「奉仕しよう みんなの人生を豊かにするために」を掲げられました。このテーマの実現のためには、会員の基盤を広げ、想いを同じにする仲間を増やす必要があります。

「EachOne BringOne みんなが一人を入会させよう」

シェカール・メータRI会長が提唱されたこの言葉を胸に、当クラブとしても全力で取り組みたいと思っております。

国際ロータリー2760地区のガバナー沓名氏の地区方針は「チェンジロータリー 新時代の成長に!~コロナゼロ・カーボンゼロ支援~」とされています。

2020年夏の東京オリンピックが延期となり、今年に開催されることになっています。このコロナ禍での開催が危ぶまれていますので、ワクチンの早期接種が望まれます。またコロナ禍において生活様式が変化し、二酸化炭素排出量が減少しているそうです。環境問題は待ったなしです。このピンチをチャンスと捉えて持続可能な社会を目指し活動していきたいと思います。

今期は稲沢ロータリーよりガバナー補佐として伊藤彰氏の輩出があり、多くの分区行事の準備等の主幹を担うことになります。全会員の皆様にご負担をおかけしますが、感染防止に努め、更なるご指導、ご協力をよろしくおねがいいたします。

 


会長方針

禍を転じて福と為す

コロナの影響は甚大ですが、持続可能な社会を考えるいい機会だと捉え、みんなで議論し、行動していきましょう。

行事予定表

会長所信

2021-22年度会長 後藤啓行

2021-22年度会長 後藤 啓行